オールセラミックのデメリット

View all by joke88     Subscribe to joke88



Posted by: joke88
2 years ago

自費診療
 
オールセラミック治療は保険診療として認められていないために自費診療で行うことになります。現在の保険診療の治療の方法や材料は50年前に作られたもので、銀歯などの成分は一部ヨーロッパなどではお口の中で使うことが禁止されている材料もあります歯医者 器具。これだけ医療が進化している中でも保険診療内では戦後間も無くに作られた安全基準の金銀パラジウム合金で治療を行わなくてはなりません。
 
4-2.セラミックは欠けたり、割れたりすることがある
 
オールセラミックはご自身の歯のように水分や粘りがないため欠けたり、割れたりすることがあります。セラミックの成分は高温で焼き固められた結晶体で伸びたり、縮んだりすることはできません。そのため強度を増すためにより硬い材料へと進化してきました。セラミックが割れたり欠けたりする方の多くは歯ぎしりを無意識のうちしている方が多く、強い力が歯全体にかかっています。そのためマウスピース(ナイトガード)でセラミックはもちろんのこと歯全体を守る必要があります。 
歯科器械    』.



Like Disike Report Follow Share

0 likes        0 dislikes    Views today: 913    Views total: 913


0 Responses   Post Response